So-net無料ブログ作成

コンタクトレンズを作りに眼科へいきました、併設のところです。 [健康]

不正請求の疑いが非常に強いのですが、領収書が区分別の大まかなもののようですので、まずそこに問題があることをご指摘いたします。
本年4月から詳細な明細書の発行が義務化されており、原則として患者さん全員に発行です。不要の申し出があった患者さんだけ、発行を免除されます。
一部設備的に免除される医療機関はありますが、普通のレセプトコンピュータを使っている眼科ならまず免除対象ではないでしょう。
点数の詳細は、本来あなたが受け取るべき明細書を見れば眼科に尋ねるまでもなく一目瞭然です。それを発行してもらえばいいのではないでしょうか。再診料に1点の明細書発行体制加算があれば発行するべき状態にあります。
不正の内容についてですが、コンタクト処方を行って検査料が464点なのはもう確信犯的な犯罪行為です。あなたの眼に緑内障や高眼圧症や網膜疾患があってその管理を同時に行っているなら464点はあり得ますが、コンタクト処方のみで464点を算定する眼科は糾弾して、いままで詐欺を行って得た収入はお返しいただくのが筋ですし、お国のためと思います。
このをまだやっているコンタクト眼科もありますし、残念ながら普通の眼科で勇ましく不正請求を行っている眼科もあります。
初診料270点、検査464点、2200円が請求されました。目に異常はありません、医者が機械を通して1分くらい見ただけで、後は女性スタッフがコンタクトの度数のための検査をしました。
点数の詳しい内訳、妥当な金額ですか?かなり高額な気がします。数年前の偽装請求の話もありますし。素人には請求された金額を払うしかないので。
威哥王
巨人倍増
狼1号



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。