So-net無料ブログ作成

薬を飲んでも倦怠感はなくならないものでしょうか? [健康]

甲状腺中毒症は、甲状腺機能亢進症と同じ症状ですが、この病気は一過性のものですよ。妊娠初期に胎盤から分泌されるホルモンが甲状腺を刺激して甲状腺ホルモンの分泌が盛んになってパセドウ病などの甲状腺機能亢進症と似た症状が現れます。身体を休めている時も活発に活動している状態になりますから、脈拍や血圧や体温が上がり、疲労感を強く感じると思います。特にこの時期は暑くて汗が大量に出ますから辛いと思います。安静にして医師が処方した薬を服薬するのがいいのですが、3週間後の診断は待てませんね。心臓や血管に負担が掛かりますからその事も心配です。
チラーヂンを服用してから、身体のむくみは減り、体重増加もなくなったのですが、上記の症状は変わらずと言うより、むしろ気になるようになりました。
チラーヂン50で血液検査の結果は安定しており、主治医内科医ですが甲状腺専門ですは「調子がよければ徐々に二日に一回の服用に変えてもいいよ。」とのことでした。
むくみがなくなっているので、減らしたいとは思うのですが、倦怠感ややる気の無さがますますひどくなるのが怖いのです。
ちなみに、現在は無職ですが、今後働きたいと思っています。
この症状はこれから先、ずっとあるものですか??
薬を飲んでも倦怠感はなくならないものでしょうか?
家族の認識も薄く、「身体がしんどい」と言ってもサボってると思われ、苦しいのですが、無理をしてでも動くべきですか?病気になり、色んなことを気にしすぎなだけでしょうか??
薬でホルモン調節ができているのなら、今の症状は橋本病に因るものではないと思います。
橋本病は、甲状腺機能亢進症と違ってホルモンの量さえ調節がつけば、全く健康な人と同じように生活できますから。
あなたの体がしんどいのでしたら、他の病気に罹っているか、病気である事を意識しすぎた心因性のものかもしれません。
主治医の先生に、あなたの症状をきちんと伝えて、検査範囲を広げてもらってはいかがでしょうか?
それでも他に異常が見当たらない場合は、心療内科の受診も視野に入れた方が良いかもしれません。
威哥王
巨人倍増
狼1号


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。